acubemark
English
Home Exhibition Artists About us Contact
item2

因藤 壽   1925-2009 北海道生まれ

 

児島善三郎の作品に触発され、独学で絵画の制作を始める。

中学生の教員として働きながらも、制作、展覧会出品を続け二科九室会に所属。

読売アンデパンダン展にも出品を続け、ミッシェル・タピエにも評価を受けた。

2002年北海道立旭川美術館で回顧展「因藤壽展」が開催。

 

彼の作品はネオレアリスム→ミニマルペインティング→内面的モノクロームへと作品が変化して行く。

一貫して、人間の生きる世界の根源的なものを表現してきた。

 

人が毎日寝て、起きてと同じ行為を繰り返すように、彼は同色の絵具を何層にも重ねる行為を繰り返してきた。

彼の作品は、行為の結果であり、彼の作品は彼が生きていた事、彼という存在を表現しているものとも言えるであろう。

本来、絵画が持つ表現とは違った表現であり、まるで生の験証とも感じられる。

彼の作品が生み出すマチエールはその結果であり、痕跡なのであろう。

アンフォルメルやアクションペインティングなどの抽象絵画が生まれた時代に

彼の作品はそのような表現とはかけ離れた作品である。

一見、抽象作品ではあるが行為を表現するという具体であるのかもしれない。

 

因藤壽の作品は、彼の行為や精神を感じ、彼の生きてきた証を見せてくれる作品です。

Hisashi Indo   1925-2009 Born in Hokkaido.

Inspired by Zenzaburo Kodama, he started his journey in art on his own.

Working as a teacher in a middle school, he joined Nika Kyushitsu Association and exhibited numerous works.

He also exhibited works in the Yomiuri Salon Des Artists Independants and highly reviewed by Michel Tapie.

In 2002, a memoir exhibition "Works of Hisashi Indo" was held at the Art Museum Of Asahikawa in Hokkaido.

 

His works had transformed from Neo Realism, Minimal Painting to Inner Monochrome.

However, the essential core of his work was the consistent expression of "the inner path of the human life".

 

Just as how people sleep and awake, Indo compressed layers and layers of same colors in his works.

Could be described that Indo's works are the results of his actions and how he lived.

His works are quite apart from the expressions of the conventional arts.

His works are literally the evidence of his path of life.

Hence, the difference is clear between the world of abstract art such as Unformal or Action Paintings.

 

Hisashi Indo's works shows his path. Enjoy his spirit and feel his evidence.

English